精神科作業療法に関連すると管理者が判断したもののみ掲載することを予めご了解下さい。 内容等を管理者が確認してから反映されますので、掲載までは投稿から半日~1日程度かかります。

研修会のお知らせ

5119
名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

元気の種を探してみませんか? 黒岩堅 URL

2020/01/17 (Fri) 13:14:33

アメリカ生まれのメンタルヘルスで注目されているWrapを体験してみませんか?Wrapの12個のテーマ

のうちの一つである元気の出る道具箱を行います。参加者の皆さんと一緒に元気の種を探しましょう!

<質問例>子供の頃夢中になったことは何でしょうか? 自分の感情や五感を刺激するものは?

大好きなものは?



日時: 2月9日(日)10:00~12:30

こんな方におすすめ!:

メンタルヘルスに興味がある方はぜひ!!!
どなたでも
出演:

江上 幸さん(Wrap アドバンスレベルファシリテーター)

坂井 秀子さん、岡本 あやこさん、長澤 一彦さん、白井 修平さん

鈴木 ルカさん、石井 真由美さん、黒岩 堅さん他3名(Wrap ファシリテータ)

定員: 30人



江上 幸さん(Wrap アドバンスレベルファシリテーター)

<プロフィール>

関東を中心に活動する、WRAPファシリテーター。2011年2月WRAPファシリテーター養成研修修了。

様々な病(統合失調症など)の経験から「元気に生きるためにはどうしたらよいのか」を考え、WRAPにたどり着く。

自身の経験に基づき、広くWRAPの普及実践に携わっている


https://www.tvac.or.jp/special/vf2020/prg_18

埼玉県精神医療人権センター・認定NPO大阪精神医療人権センター共催 公開講座のお知らせ - 埼玉県精神医療人権センター URL

2020/01/13 (Mon) 12:03:21

本講座では、入院中の方の立場に立った権利擁護活動を実践している大阪精神医療人権センターの活動から、日本の精神医療の現状や課題を考え、解決に向けて、今私たちができることを共有したいと思います。是非、お気軽にご参加ください。

【研修会名】大阪精神医療人権センターの活動から〜精神科病院に入院中の方の権利擁護活動の拡充に向けて〜
【主催】埼玉県精神医療人権センター・認定NPO法人大阪精神医療人権センター
【会場】埼玉会館3C会議室(さいたま市浦和区高砂3-1-4)
【日時】2020年2月23日13:00〜17:30(12:30受付開始)
【参加費】500円
【参加申込】チラシをご確認ください
【連絡先】saitamaseisin.jinken@gmail.com
【定員】90名
【内容】精神医療と人権/精神科病院について/退院できない理由が誰の理由か考える/声をきく/面会の引き出し

Wrapファシリテータ養成研修 in 東京 黒岩堅 URL

2020/01/10 (Fri) 20:44:50

日程:2020年 5月2日(土)~5月6日(水)
時間:1日目のみ : 10:00~18:30
2日目以降: 9:15~18:15
※初日の受付は9:45~
※進行の都合により多少延長する場合があります。
最終日は17時となります。

会場:三鷹産業プラザ
交通:JR中央線・総武線 三鷹駅南口から徒歩7分
※お申込後に詳細のご案内を致します
進行:アドバンスレベルWRAPファシリテーター
池田真砂子氏:2012年 相互の学び研修修了
佐々木理恵氏:2013年 相互の学び研修修了

定員:18名(先着順・定員になり次第締め切り)

参加要件:以下3点、全てを満たしていること
①自分のWRAPを持っていること
②WRAPクラスで、WRAPの全ての項目*
を体験していること
③5日間の全日程に参加できること

費用:一般…55,000円(資料代を含む)
減免…35,000円( 〃 )
※障がい者手帳がある方、生活に困難を抱える方は減免対象になります
※費用は事前振込になります

【主 催 】東京WRAP
【 後 援 】一社社団法人ルンアルン、WRAP in Yokohama

詳細は下記のURLをご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/1diVV9_1xXtgiOB9Tur09CiA65pM_lEgL/view?usp=sharing

2020年度感情調節困難の方への支援研修のご案内 長谷川メンタルヘルス研究所 山崎 URL

2020/01/08 (Wed) 20:58:46

精神科の作業療法の場面でも、感情のコントロールに困っている方々を支援する場面が多々あると思います。そのような方々が少しでも生きやすくなるようなヒントを一緒に身につけるために、「弁証法的行動療法」の「スキル訓練」を参考に病院やカウンセリングルームにて約12年間グループアプローチを実施しています。
2020年4月12日(日)から開始する研修Bは、実際使用している資料を紹介しながら、レクチャーやロールプレイを通してアプローチを学ぶための研修です。
本研修は2014年より開始以降、毎年、全国の様々な職種の方が参加され、ご自身の臨床に役立てておられます。

以下は研修の案内文です。

さまざまな臨床場面でBPD(境界性パーソナリティ障害)や感情調節が困難な方に対しての支援を求められることがあると思います。しかし、日本では効果的な支援法があまり報告されておらず、支援者、当事者ともに困惑、疲弊してしまう事も少なくありません。欧米では「弁証法的行動療法(DBT)」が注目され、様々な効果が報告されています。DBTでは感情と上手に付き合うための「スキル」をグループでのトレーニングを通して学びます。 この講座では現在、病院やカウンセリングルームで実施している「DBTを活用したスキルトレーニングプログラム」について解説・実践練習を行い具体的な支援法を学びます。

ご興味関心のある方はホームページをご参照の上、問い合わせ先にご連絡頂けたらと思います。

冬のWrap集中クラスのお知らせ 黒岩堅 URL

2020/01/06 (Mon) 23:54:00

2月に開催します冬の集中クラスのお知らせです。

2日間で下記の内容を行います。看板は東京Wrapと書かれています。

1.スケジュール

1日目(2月22日) 10時~18時30分 5つの大切なこと、元気に役立つ道具箱

2日目(2月23日) 10時~18時30分 WRAP

2.定員

定員14名となります。

3.金額

費用:8000円(通常)

減免:4000円(障害者手帳お持ちの方、何らかの生きづらさを抱える方)

4.開催場所
東京都新宿区市谷仲之町4-39
市ヶ谷健保会館 会議室D
https://www.its-kenpo.or.jp/fuzoku/kaigi/ichigaya.html

5.お申し込み方法

申し込みはここからお願いいたします。(クレジット、コンビニ決済)

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/013srx10r2nh3.html

領収書が必要な方は事前にstaff@asdj.orgご連絡ください。

※当事者が金銭管理苦手のため、間違いが起こらないようにしております。なにとぞご容赦くださいませ。

6.WRAPファシリテータ
ゴージャス、けん

就労支援に関する公開講座のお知らせ - jiun-chan URL

2019/11/04 (Mon) 22:27:41

東京都練馬区にある慈雲堂病院で、昨年に続き、障害者雇用のための公開講座「じうんどう発!精神障害者雇用シンポジウム」を11月15日(金)に開催させていただきます。

今回はのテーマは「『働く』を応援する ~仕事と認知機能障害~」です。
統合失調症の70%の方に認知機能障害がみられるといわれていますが、この認知機能障害は仕事や生活等への影響が非常に大きいものであると指摘されています。
当日は国立精神・神経医療研究センターの佐藤さやか氏に認知機能障害についてお話しいただき、事例なども通して仕事や生活への影響などを考えます。

参加費は特に頂戴いたしません。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。



日程 : 2019年11月15日(金)
時間 : 14:00~16:00
場所 : 慈雲堂病院A棟5階 生活機能回復訓練室

【第一部】14:00~15:10
 『認知機能障害とその支援 -わかってきたこととこれから-』 佐藤さやか氏(国立精神・神経医療研究センター)

【第二部】15:20~15:50
 『認知機能トレーニングの実践報告』 小池康子・佐藤江美(慈雲堂病院デイケア室)

【クロージング・質疑応答】 15:50~16:00
  講演の内容に関わらず、お気軽にご質問ください

◎申し込み方法
参加ご希望の方は、下記のサイトからお申し込みください。
 
https://www.kokuchpro.com/event/ninchi/

◎体験コーナーのご案内

当日、講演開始前の13:00~14:00に「認知機能トレーニング」や「精神疾患の症状から影響」を一部疑似体験していただける体験コーナーを開催いたします。
ご希望の方はぜひご参加ください。

【体験内容】
 ・認知機能トレーニングソフト J-cores (約10分)
  認知機能をトレーニングするために特別に開発されたパソコン用ゲームプログラムです。
  ゲームを通して、どのような認知機能があるのかを体験いただけます。

 ・「精神疾患の症状から影響」を一部疑似できる体験コーナー (約10分) など
  

なお、当日先着順で受付をさせていただきますので、体験の枠に限りがございます。
順番によっては受けられない可能性もございますので、ご希望の方は余裕をもってお越しください。

冬のWrap集中クラスのお知らせ 黒岩堅 URL

2019/10/19 (Sat) 23:18:53

1月に開催します冬の集中クラスのお知らせです。

2日間で下記の内容を行います。看板は東京Wrapと書かれています。

1.スケジュール

1日目(1月1日) 10時~18時30分 5つの大切なこと、元気に役立つ道具箱

2日目(1月2日) 10時~18時30分 WRAP

2.定員

定員14名となります。

3.金額

費用:8000円(通常)

4000円(障害者手帳お持ちの方)

4.開催場所
BumB 東京スポーツ文化館
〒136-0081 江東区夢の島2-1-3

5.お申し込み方法

申し込みはここからお願いいたします。(クレジット、コンビニ決済)

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0120iq10inzaw.html

領収書が必要な方は事前にstaff@asdj.orgご連絡ください。

※当事者が金銭管理苦手のため、間違いが起こらないようにしております。なにとぞご容赦くださいませ。

6.WRAPファシリテータ
ゴージャス、けん

10月Wrap集中クラスのお知らせ in 千葉 黒岩堅 URL

2019/10/10 (Thu) 22:45:18

WRAPとはWellness Recovery Action Planの頭文字をとったもので、日本語では「元気回復行動プラン」といいます。
 WRAPはどんなときでも自分らしく過ごし、元気を取り戻して豊かな生活を送っていくための手助けとなります。
 ひとりでも作ることが出来ますが、クラスに参加すると、自分ひとりでは思いもよらなかった学びを他の参加者から 得られたり、希望を感じたりすることができます。
 生きていれば誰でも遭遇するような困難な経験が、むしろ未来に繋がる学びと成長の機会になることを発見するかもしれません。
 WRAP は初めて…という方も大歓迎♪ ぜひ一度、そんなクラスに参加してみませんか?

【日時・場所】 2019年10月26日(土)~27日(日) 9時30分~16時30分

ichikawa commom Village mama  
〒 272-0826市川市真間2-6-5 JR市川駅徒歩10分
※表札が「金井」となっています。

【定員】 10 名
【参加費】 8,000 円(2 日間)
病気や障害などの理由により経済的困難な方は4,000円(ご相談ください)

※1 日のみの参加でも同額です (1日のみ参加の場合、参加申込時アンケート欄にその旨をご記入ください)
※事前振込(参加受付後に振込口座をお伝え致します)

お申込みいただくと10月26日(土)での受付として自動返信にてメールが届きます。
実際には26日~27日の2日間での受付になりますのでご了承ください。

一般社団法人 公認心理師の会 2019年 第1回主要5分野専門研修会 関東開催 - まれすけ

2019/09/30 (Mon) 09:28:38

当研修会は、公認心理師の会の会員・非会員に関わらず、また公認心理師資格の有無にかかわらず、どなたでも参加が可能でございます。

エビデンスに基づいた支援技法を学ぶ良いチャンスかと思いますので、ぜひご関心のある先生方にご参加いただければと思います。

参加費は、1ワークショップ(3時間)につき 公認心理師の会会員4,000円・非会員6,000円となります。

なお参加に際しましては、事前登録が必要となります。詳細は研修会サイトをご覧ください。

https://cpp-network.com/workshop.html


<① 第1回 主要5分野専門研修会(有料)関東開催
10月19日(土)東京大学駒場キャンパス>

【午前の部(10:00~13:00)】

WS1 不登校はもっと予知できる・心のエネルギーはずっと効果的に蓄積できる
 講師:神村栄一(新潟大学)

WS2 医療における現場実習のはじめ方とすすめ方
 講師:谷口敏淳(一般社団法人 Psychoro)/五十嵐友里(東京家政大学)

WS3 犯罪・司法領域における心理臨床:エビデンス・ベイスト・プラクティス
 講師:原田隆之(筑波大学)

【午後の部(14:00~17:00)】

WS4 産業:産業分野の心理的支援における多職種・多機関連携:働く人の支援で知っておきたい知識とスキル
 講師:田上明日香(SOMPOヘルスサポート)/谷口敏淳(一般社団法人 Psychoro)

WS5 エビデンスにもとづく統合失調症の心理的支援
 講師:石垣琢磨(東京大学)/古村健(東尾張病院)

WS6 行動嗜癖に対する行動にこだわった理解と支援-行動分析学と行動経済学の応用
 講師:蒲生裕司(こころのホスピタル町田/北里大学)

<② 第2回 主要5分野専門研修会(有料)関西開催 11月24日(日)同志社大学今出川キャンパス>

【午前の部(10:00~13:00)】

WS1 「効果が出ない」から抜け出す学級集団への支援のポイント
 講師:小関俊祐(桜美林大学)

WS2 ステップケア(段階的予防介入)モデルで認知症のBPSDを低減する:その文脈における心理職の具体的な役割とは何か
 講師:武藤崇(同志社大学)

WS3 矯正処遇における心理学的アプローチとエビデンス
 講師:浦田洋(甲子園大学)

【午後の部(14:00~17:00)】

WS4 「痛み」をラディカルに捉え直すことではじまる慢性疼痛への心理・社会的アプローチ:その基礎と実際
 講師:武藤崇(同志社大学)/酒井美枝(名古屋市立大学)

WS5 産業: ストレスの"WAVE"にうまく乗るための認知行動療法
 講師:金井嘉宏(東北学院大学)

WS6 当事者と共同で構築するエビデンスに基づくひきこもりの心理的支援
 講師:境泉洋(宮崎大学)

令和元年度公認心理師現任者講習会(JTA) 藤井 隆行 URL

2019/08/14 (Wed) 21:27:03

*以下の講習会は、満員となりましたので、募集を締め切りました(2019年9月18日時点)。誠にありがとうございました。


関係者各位

平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。この度はJTA主催講習会を下記により開催いたしますので、ご案内申し上げます。

一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)は、2019年8月13日付で、文部科学大臣及び厚生労働大臣より公認心理師現任者講習会実施機関のご指定を受けました。
これまで95%以上の受講者から高い評価をいただき、3期目のご指定を受けることができました(運営事務局に関する受講者アンケート「非常によかった」「よかった」の割合)。
今回は、2019年9月から2020年1月までに京都講座(1講座)と東京講座(2講座)を開催いたします。

現在、Web申し込みの先着順でお申込みを承っています。未受講の方のご応募はもちろん、お知り合いへのご周知も歓迎いたします。

--------------------------------------------------------
内容:令和元年度公認心理師現任者講習会(JTA)

事業者:一般社団法人日本遠隔カウンセリング協会(JTA)※

会場と日時:

・京都私学会館:2019年9月9日(月)・10日(火)・13日(金)及び14日(土)9:30-19:20(全4日間)
・CIRQ(シルク)新宿:2019年12月7日(土)・8日(日)・28日(土)及び29日(日)9:30-19:20(全4日間)
・AP日本橋:2020年1月10日(金)・11日(土)・12日(日)及び13日(月)9:30-19:20(全4日間)


費用:65,000円(税込み価格)

詳細:https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/

※JTAは、公認心理師現任者講習会(2018-2019)指定事業者、ストレスチェック実施者養成研修の法定研修実施事業者、公認心理師100人力の運営事業者です。心理専門職の職能団体として、公認心理師(候補者)の育成に取り組んでおります。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.